guesthouse kakehashi  ゲストハウス”架け橋”

​mail info@kakehashi0311.com

tel (お問い合わせ、当日予約)  080-3190-9973

*当日予約以外は、ホームページの予約フォームより

お申し込みください。

fax 0226−25−7523

〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3

『きっかけ食堂×ゲストハウス架け橋コラボツアー』

〜食・学び・観光まるごと詰め込んだ気仙沼を堪能しよう〜

私たちは東北出身ではありませんが、
これまで何度も東北に足を運び、いろんなカタチで東北と関わり続けてきました。
そうしてきたのは、
そう思わせてくれた「きっかけ」に出会えたからです。

たくさんの人とのあたたかい交流
居心地のいい雰囲気での生活
食を支える生産者との出会い

そのような「きっかけ」の出会いが、自分の人生に影響をもたらせてくれました。


私たちが、これまで恩恵を受けてきたたくさんのきっかけを
みんなにも体感してほしい。

そうして新しい価値に触れることが
これからの人生における、なにかのきっかけになるはずです。

あなただけの「きっかけ」を体感しに来ませんか?

スケジュール

​1日目

ゲストハウス架け橋集合:11時

昼食

佐藤慶治さんによる語り部

階上周辺のまちあるき

​ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
​震災時高校生だった慶治さんに、当時の震災体験や、現在の活動についてお話をして頂きます。彼は、震災時何を感じ、どのような思いで現在活動をしているのでしょうか。
まちあるきは、架け橋周辺のまちあるきをします。ここでは、震災遺構の伝承館に行ったり、イチゴ農家の三浦さんの所にも立ち寄ります。震災について学びつつ、生産者さんの想いにも触れてみませんか?
​夕飯は、地元の方を呼んで一緒にわいわい交流しちゃいましょう(^^)


 

画像は全てイメージです。

2日目

キャンドル作り&ともしびプロジェクト杉浦恵一さんのお話

昼食

振り返り

​気仙沼市内湾周辺解散:15時頃
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ともしびプロジェクトとは、東日本大震災の「忘れないをカタチ」という想いのもと、キャンドルを灯すことで、想いを伝え、想いを繋いでいくプロジェクトです。キャンドルを作りながら、その活動のお話を聞いてみましょう。
​昼食後は、まちあるきをしながら、気仙沼を堪能しませんか?

​申 し 込 み

ツアー詳細

​日時

第1ターム:2019年8月30日(金)〜8月31日(土)  1泊2日

*催行決定となりました。

第2ターム:2019年9月 6 日(金)〜9月 7 日(土)  1泊2日

​*催行人数に達しないため中止となりました。

1日目ゲストハウス架け橋 11時集合

​2日目気仙沼内湾周辺 15時解散

​参加費

​19,000円(税込み)
宿泊費(1泊)、食事(1日目昼食、1日目夕食付)、体験料、保険代が含まれます。
*交通は、公共の交通機関を使います。また、料金は各自の負担となります​。
​*当日は現地スタッフが1名同行します。

​宿泊場所

​ゲストハウス架け橋 (〒988ー0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3)

​ご予約

ご予約の際は、下記のボタンより詳細をご確認の上ご応募下さい。
*申込み締め切り日は8月23日(金)です。(2次募集中)
​*最小遂行人数に達しない場合は、ツアーを中止にします。

​共催者プロフィール

ゲストハウス架け橋

古民家を地域の人や全国のボランティア等で改修工事して作ったゲストハウスです。誰がいつ来ても、「ただいま」と言って帰ってこれるような温かい、みんなが集ってこれる場となっています。昼はお母さんと子どもが集まる絵本カフェとしても使われています。

きっかけ食堂

京都・東京・名古屋で毎月11日に開いている東北酒場。東北の食材を使った料理やお酒を提供し、その場を通して東北や震災について考える「きっかけ」をつくるために、2014年5月から毎月11日にお店を開いています。今年からはさらに仙台、島根、大阪でも開店するなど、全国各地で東北が身近に感じられる場作りを行っています。

​定員

各ターム12名
​最小遂行人数:5名

​ツアーの詳細やご予約は、こちらのボタンより、ご確認の上ご応募下さい。