guesthouse kakehashi  ゲストハウス”架け橋”

​mail info@kakehashi0311.com

tel (お問い合わせ、当日予約)  080-3190-9973

*当日予約以外は、ホームページの予約フォームより

お申し込みください。

fax 0226−25−7523

〒988-0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3

『気仙沼で過ごす非日常ツアー』
~あなたの「非日常」を「日常」に~

満員電車に揺られ、バイトにサークルに学校に追われる日々を過ごし、

一般的な社会のレールに沿って将来へと進んでいく。

気づいたら「就活」というものに追われ

何がしたいんだろう?

どんな人生を送りたいんだろう?

そういうことを悩みながら

東京での「日常」を過ごすことにとても違和感を抱いていました。


 

気仙沼には

たくさんの自然、美味しいご飯に

「おかえり」と言ってくれる人のあたたかさがあります。

そして何より

強くこの町で生きていく、

この町で仕事をすることを心に決めた

『カッコイイ大人』がいます。

それが気仙沼の「日常」です。

 

頑張ることももちろん大事だけど

一度、美味しいご飯にたくさんの自然に

そしてカッコイイ大人と一緒に

同じ大学生と同じ釜の飯を食べて

普段できないことをして

気仙沼で肩を軽くしませんか?

 

気仙沼の「日常」があなたを待っています。

スケジュール

1日目

ゲストハウス架け橋集合:17時

---------------------------------------------------------
この日は、到着したらみんなで夕飯を食べます(^^)
​普段出会えないような仲間や、今後の人生でかけがえのない仲間に出会ってみませんか?

2日目

シェアハウスの改修工事の手伝い
​語り部(1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
​架け橋が管理するシェアハウス、実は改修工事中なんです!壁を壊したり、ペンキを塗ったり、ほとんど自分たちで造ってます!普段なかなかできない改修工事の体験を通して、みんなと仲を深めちゃおう!
​夕飯後は震災当時高校生だった語り部の方をお招きします、震災当時の自身の体験などお話していただきます。現在は人々の生活の豊かさをテーマに「スポーツの場作り」に取り組んでいる彼。震災当時何を思い、どのような経緯で現在の活動に至ったのか。あなたもきっと、彼から感じるものがあるはず。

3日目

語り部

地元の人と一緒にBBQ

3日目

語り部

地元の人と一緒にBBQ

3日目

語り部(2)

BBQ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

語り部でお招きする方は、震災後気仙沼に入り、気仙沼で活動中。彼が語る「豊かさ」とはなにか。「自分と向き合ってるか」、「どう生きていきたいか」そんなことを考えるきっかけになるのではないでしょうか?
BBQはみんなでわいわい楽しみましょー!また、BBQ会場の横には、ツリーハウスが…?

4日目

振り返り

解散:11時30分
​ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
​このツアーを通じて感じたこと考えたことをゆっくり振り返ってみませんか。
このツアーで出会った仲間との関係は、これで終わりでなく、これが始まりです。一生の仲間を見つけに来ませんか?

 

画像は全てイメージです。

​申 し 込 み

ツアー詳細

​日時

2019年9月9日(月)~2019年9月12日(木)3泊4日
9月9日ゲストハウス架け橋   17時集合
9月12日ゲストハウス架け橋 11時30分解散

​参加費

​27500円(税込)
宿泊費(3泊)、食事(2・3日目昼食、全日夕食付)、体験料、保険代が含まれます。
​*交通は、公共の交通機関を使います。また、料金は各自の負担となります。
​*当日は現地スタッフが1名同行します。

​宿泊場所

​ゲストハウス架け橋 (〒988ー0224 宮城県気仙沼市長磯前林55番地3)

​企画者はだれ?

木原葵

​きはらあおい

藤岡 愛理

ふじおか えり

 大学4年生になるタイミングで現在中央大学を4月から1年間休学中してます。2019年2月から気仙沼に移住し、ゲストハウス架け橋で働いています。気仙沼や架け橋を初めて訪れたのは、大学2年生の夏休みで、それ以降気仙沼の魅力に惹かれ長期休みの度に何度も遊び行っていました。休学を決めたきっかけはたくさんありますが、就活のインターンに参加するも「みんなと一緒」というなんとなくの違和感を感じ、休学を決意しました。そんな私が、なぜわざわざ休学してまで気仙沼のゲストハウス架け橋にいることを選んだのか、そういう想いを伝えたくてこのツアーを企画しました。

福島県南相馬市出身。現在日本大学に在学中。大学入学と同時に所属した東北の魅力を 発掘、発信する『学生団体ToKu』を通じて、何度か三陸地方に足を運ぶうちに気仙沼の人の強さやあたたかさに惹かれました。団体の合宿で偶然宿泊した『ゲストハウス架け橋』で、インターン中の葵さんに出会い、自らが気仙沼に抱いている熱量や想いが似通っていたこともあり今回のツアーを一緒に企画しました。私にとっての気仙沼は『第二の故郷であり大切な居場所』です。そんな私と葵さんの『気仙沼大好き!』が伝わる企画を作りました。

​ご予約

ご予約の際は、下記ボタンより詳細をご確認の上ご応募下さい。
*申込み締め切り日は8月23
日(金)です。(2次募集中)
​*最小遂行人数に達しない場合は、ツアーを中止します。

ゲストハウス架け橋

古民家を地域の人や全国のボランティア等で改修工事して作ったゲストハウスです。誰がいつ来ても、「ただいま」と言って帰ってこれるような温かい、みんなが集ってこれる場となっています。昼はお母さんと子どもが集まる絵本カフェとしても使われています。

​定員

12名
​最小遂行人数:6名

​ツアーの詳細やご予約は、こちらのボタンより、ご確認の上ご応募下さい。

​【協力】

​学生団体Toku

首都圏の大学生を中心に構成される学生団体。三陸の『今』を東京の人たちに伝える活動を行う団体で、三陸大好き!東北大好き!な人が集まった団体です。主な活動内容は年に3~4回の合宿、有志での三陸訪問(毎月)、上野公園での大型イベント(年1回)などがあります。『三陸にたくさん行く』っていうのが活動の特徴で、よく気仙沼の架け橋にも遊びにきてくれます。さらに先日開催された全日本学生団体総選挙の食・農業・地域活性化部門でファイナリストに選ばれたみたいです!随時メンバー大歓迎!だそうなので気になる方はこちらもご覧下さい。
​▼HPはこちら
http://www.toku-withus.com/